ABOUT CLINIC

安心してもらえる治療を

当院の特徴

年間1500件以上の安心実績

当院の眼瞼下垂症手術は、年間症例数1500件以上の実績がある院長高田が直接対応しております。
手術顕微鏡下・高周波メスを駆使し、術後の傷跡がきれいな状態の瞼となります。
短い時間や少ない出血量のため、安心して手術が受けて頂けます。

美しく自然な瞼を

当院の眼瞼下垂手術では、基本的な手術方法に加えて、
「ファシアリリースやなどの独自の技術」
「TKD切開法というオリジナル手術デザイン方法」を追加しています。
当院独自の手法により、瞼がより簡単に上げりやすく・手術後の見た目も自然で美しい外観が得られやすくなります。

日帰りで手術が 可能

眼瞼下垂に関しては、九州や北海道など県外、時には海外からも多数ご来院頂いております。
また眼瞼下垂は、局所麻酔に加えて、笑気麻酔も用いますので、約20〜30分と短時間で楽に終了するので日帰りで手術が受けられます。

*手術自体は当日で完了しますが、術前の検査、術後の経過観察のために通院して頂く場合があります。

健康保険で手術が受けられる

美容外科ではありませんので患者様の眼瞼下垂の治療費用は健康保険適応が可能です。
患者様の窓口負担は1割負担なら片目で約8,000円で手術が受けられます。
3割負担なら、約24,000円です。
*これに加えて、短期滞在手術基本料 術前検査、術後の診察代、薬剤の費用が別途かかります。また、場合によっては保険診療外となる可能性もあります。

当院の使用機材

高周波ラジオ波メス(エルマン)
最新で最上位機種を使用

ライカ社製の3Kカメラを内蔵した手術顕微鏡
:手術用顕微鏡を使用する事で、細かく繊細な手術(マイクロサージェリー)を可能に

笑気麻酔を使用することで、術中の緊張感が緩和し、かつ痛みの少ない手術