眼瞼下垂のスペシャリストが診察・治療を行ってます。
より自然で柔らかい目元の仕上がりとなる、眼瞼下垂の手術を名古屋で受けられます。

眼瞼下垂症について

この様な症状があれば、眼瞼下垂が疑われます!!

● まぶたが重く目が開けづらい
● 眠たそうな印象に見られる
● 加齢によってまぶたがたるんできた
● まぶたが窪んでいる
● おでこにシワが寄る
● 目が疲れやすく、頭痛や肩こりもひどい

その症状は眼瞼下垂症かもしれません。

眼瞼下垂症とは?

眼瞼下垂症とは、何らかの要因により、瞼(目蓋|まぶた)をあげようとしても、瞼十分に上がらなくなっている状態のことを言います。
瞼を上げる行為をカバーするため額に力が入り、『額のシワの原因・緊張型頭痛・肩こり・眼精疲労など』につながることもあります。

眼瞼下垂の種類は?

【先天性眼瞼下垂症】
生まれつき筋肉や神経に異常が要因
【後天性眼瞼下垂】
加齢などによる筋力の低下・皮膚や筋肉の弛緩が要因
【偽眼瞼下垂】
瞼を引き上げる構造以外の要素が要因

眼瞼下垂症 治療

眼瞼下垂症の治療とは

眼瞼下垂症は内服薬や注射は効きにくいため、治療は原則手術となります。
眼は見た目のためにも非常に重要な部分であることから、
手術方法は施設や術者により様々な方法が考案されています。

日本人らしい二重に欠かせない切開法:TKD切開

眼瞼下垂症手術は、二重瞼を作る手術ではなく、あくまで下がってしまった眼瞼の治療で行うものです。
そして、一般的な美容外科の二重切開の広すぎる二重幅だと一般的に問題になりやすいと考えております。
二重幅は広ければ広いほど、不自然さが出てきます。
つまり、もともと、日本人は、一重の方が多いですので、ある程度狭い二重幅の方が問題になりにくく、自然な状態に見られやすいと言えます。
TKD切開は、その方の持つ本来あるべき二重幅になるようにするために必要な切開デザインです。

自然な目の開瞼に必要なファシアリリース

当院の眼瞼下垂症手術は、眼瞼挙筋前転法となります。いわゆる、瞼の筋肉の腱をしっかり瞼板軟骨に適切な位置に固定し直すことが必要となるのですが、その際、(眼瞼挙筋)腱膜と眼窩脂肪との癒着組織(ファシア)をしっかりリリースすることで、眼瞼挙筋の可動性が柔らかくなり、可動域が上がります。
ファシアリリースをすることで、術後のテント(三角眼)になることが防ぎ、手術の成功率が格段に上がります。

当院の手術特徴

当院は、高田眼科で行われているオリジナルのTKD切開法により、自然な瞼となる眼瞼下垂症手術を受けられます。
また、年間症例件数1500件以上という、確かな実績もあります。